Google Analytics | Googleが無料提供しているWEB解析ツール

デジタルマーケ用語

 Google Analyticsとは

Googleが無料で提供しているWEBサイトの解析ツールです。(有償版のGoogle Analytics 360というものもあります)

Google Analyticsのレポート画面

WEBサイトの改善を目的に使われることが多く、自社サイトに訪れた様々なユーザーのデータを可視化することでサイトの課題発見からアクションまでをスムーズに行うことが可能になります。

どんなデータを解析することができるのか?

解析できるデータはレポートから確認することができます。
まずはレポートの種類と、レポートで知ることができる解析データについて紹介させていただきます。

レポートのカテゴリ媒体
リアルタイム現時点でサイトを訪問しているアクティブユーザーの状況を把握することができます。
ユーザーユーザーに関するデータを知ることができるレポートです。
期間を指定し、サイトに訪問したユーザー数やページの閲覧数、閲覧時間、ユーザーの年齢やデバイス、地域などのデータを確認できます。
ユーザー全体とCVユーザーをデータ化し、ユーザーの違いを比較することも可能です。
集客どこからユーザーはサイトに訪れたのかを可視化できるレポートです。
自然検索結果や、SNS、リスティング広告など様々な集客チャネルからのデータを可視化することが可能になり集客方法の比較ができるため、集客施策の見直しに有効なレポートになります。
行動サイトに訪れてからの行動を把握するためのレポートです。
サイト内でもよく見られているページや、コンテンツを把握することが可能になります。
コンバージョンサイト上でどういった経緯でCVが発生したのか知ることが可能になります。
直接的なCVだけでなく、アシストCVや、目標達成へのプロセスを把握することができるので、サイト改善の施策立案が考えやすくなるレポートです。

どんなサイトが向いているのか?

基本的にどのサイトでも設定しておくことをおすすめします。
後になって過去のデータを取得することはできないため、Google Analyticsのアカウントを作成してサイトに設定しておくと良いでしょう。

サイトの改善が目的のため「自社のサイトの目的」を明確にしておくと設定もスムーズです。

サイトの目的追うべき指標
サイト(サービス)の認知度や好感度を高める・ユーザー数
・メインのページの熟読度
メディア(記事)を読んでもらう・ユーザー数
・ページ / ユーザー数
・会員数
自社商品の売上を高める・売上
・費用対効果(CPOなど)
問合せ、資料請求から見込み客を増やす・CV数
・CVR

複数の目的を持って運用していくサイトもありますが、サイト運用時には目的を明確にし、最低でも上記の指標は計測できるように設定を進めることが大切です。

Google Analyticsを使ってできる広告施策

Google Analyticsのデータを使い、広告を配信することも可能です。

例えば、コンバージョンに繋がったユーザーのデータが「サイトに3分以上滞在したユーザー」だったとします。
そのユーザーだけのデータを抽出し、リターゲティング広告として配信することが可能です。(Google広告のみ可能)

他にも様々な条件でデータを抽出することができるため、目的毎にリターゲティング広告を設計し、広告の効果を高めることが可能になります。

Google Analyticsの作成方法や権限付与については下記の記事をお読みください。

別記事:Google Analyticsの新規作成方法と権限付与方法を紹介します

オンライン会議でのご質問も対応!
 

広告運用を中心とした集客施策のお見積もり提案依頼。
スポットコンサルテも対応。Zoomなどのオンラインミーティングで画面共有をしながらご相談も可能です。

無料相談はこちら

関連記事一覧