ディスプレイ広告|様々なターゲットにバナーやテキスト、動画を届けられる広告手法

デジタルマーケ用語

ディスプレイ広告とは

ディスプレイ広告はサイトやアプリの中にある広告枠に表示される広告のことを指します。

ディスプレイ広告の説明

※イメージの右側に表示されているのはYahoo!プレミアム広告での広告表示例

ユーザーの年齢・性別・地域などの情報、過去に検索したキーワードや興味関心、サイトの訪問履歴など様々なユーザーに対して広告を配信することができる広告の1つです。

サイトは閲覧した人を追客するリターゲティング広告から、Yahooのトップ画面などの多くの人が閲覧するサイトへの配信など。
幅色いターゲットを狙えるのがディスプレイ広告の強みです。

ディスプレイ広告はGDNとYDNで利用できる

ディスプレイ広告はYahoo!広告とGoogle広告を使って配信することが可能です。
GDNはGoogle Display Networkの略称で、YDNはYahoo Display Ad Networkの略称です。

GDNとYDNの提携サイト・アプリの違い

GDNとYDNどちらも目的に応じて選択すべきですが、大きな違いの1つが提携しているメディアです。
GDNは個人メディアも提携できるため、多くのメディアを持っており、費用を抑えて多く配信できる媒体です。
ただし、必ず質の高いメディアに出るとは限りません。

一方、Yahoo!(YDN含)は広告品質を高めると発表していることもあり、法人限定のメディアと提携し質の高い広告枠を持っています。
しかし配信量や費用感でいうとGDNの方が効果がよくなることが経験上多いのも事実です。

GDNYDN
提携できるメディア個人・法人法人のみ
提携サイト・アプリ法人運用・個人運用法人運用のみ
自社広告枠YouTubeYahoo! Japan・Yahooの関連ページなど
配信先提携サイト例Goo・ライブドアブログ・価格コムなどピクシブ・アメブロ・クックパッドなど
提携しているサイト・アプリ数多い少ない

どちらの媒体が良いと断言できませんが、それぞれの配信先提携サイトの違いを知った上で施策を実施することをオススメします。

GDNとYDNのターゲティングの違い

GDNとYDNでできるターゲティングも異なります。
YDNであれば、過去に検索したキーワードを選定し、対象キーワードを調べていた人が広告枠を開いたときに広告を出せるサーチターゲティングが強みです。

一方GDNは子供の有無や収入、購買に関するデータやGoogle Analyticsとの連携など、YDNよりも多くのターゲティング手法を利用できる点が強みの1つだと言えます。

GDNYDN
年・性・地域
地域・時間・デバイス
子供の有無・収入×
リターゲティング
サーチターゲティング×
興味関心アフィ二ティ(カスタムアフィ二ティ)カテゴリインタレストカテゴリー
購買意欲の強いオーディエンス×
サイトのコンテンツをターゲティングする手法トピックターゲットサイトカテゴリーターゲティング
KWを選択するコンテンツターゲット×
プレースメントターゲティング
Google Analyticsのデータ活用×
特別な広告枠×Yahooプレミアム広告

ディスプレイ広告が得意なこと

検索連動型広告に比べて多くの人に広告を出せるのがディスプレイ広告の強みです。
広告枠(掲載メディア、使えるターゲティング、クリエイティブの種類)が多いからです。

バナーや写真を使い視覚的に伝えることができる

ディスプレイ広告はバナー広告と思われる方も多いですが、図のように広告枠に合わせて柔軟に広告が表示できるレスポンシブ、テキスト、バナー、動画など様々なクリエイティブを使用することができます。

レスポンシブ広告の説明

※画像引用元:掲載面に応じてレイアウトを最適化! 「レスポンシブ」 – Yahoo!広告 公式 ラーニングポータル

クリエイティブの種類検索連動型広告ディスプレイ広告
テキスト
レスポンシブ(テキスト+写真)
インフィード広告
×
バナー×
動画×

伝えたい情報や、商品の世界観、広告が表示される掲載サイトやターゲットに合わせて最適なクリエイティブを検証し、探していくことで施策の角度が高まります。

ターゲットとするユーザーの範囲が広い

ニーズが健在化して初めて検索し広告を表示することができる検索連動型広告と違い、ニーズが潜在的、もしくはニーズがなくてもディスプレイ広告は広告配信が可能です。

検索連動型広告ディスプレイ広告
広告が表示される条件キーワードを検索した時ターゲットがサイトに訪れた時
フェーズ潜在層BIGKW(ニッチ商材は厳しい)様々なターゲティングで柔軟に施策が可能
顕在層社名KWや角度の高いKW
顧客層RLSA(Google)・サイトリターゲティング(Yahoo)リターゲティング

クリエイティブだけでなく、ターゲティングを組み合わせて使うことで、広告の精度は高まります。
商品の利用者だけでなく、どのフェーズにいるターゲットを狙うか?を検討した上で効果的な施策を実施してください。

オンライン会議でのご質問も対応!
 

広告運用を中心とした集客施策のお見積もり提案依頼。
スポットコンサルテも対応。Zoomなどのオンラインミーティングで画面共有をしながらご相談も可能です。

無料相談はこちら

関連記事一覧