コンバージョン|購入や登録など成果を表す指標

デジタルマーケ用語

コンバージョンとは

コンバージョンとは、購入や登録、お問い合わせなどの、対象のサイトの「成果」を表す指標の総称で、成約数とも呼ばれます。
CV(Conversion)と略称で呼ばれることが多く、リスティング広告やSEO、アクセス解析などで使われます。

コンバージョン計測の仕組み

コンバージョンは対象のサイトに、タグと呼ばれるコードをサイトに設置する必要があります。

コンバージョン計測の仕組み

タグを設置することでページ遷移などの「ユーザー行動」をコンバージョンとして計測できるようになります。

コンバージョンで計測できるもの

コンバージョンの成果はサイトの目的に沿ったものを設定します。

計測できること 設定に必要なモノ
購入・登録完了(対象ページを開いた回数) コンバージョンタグ・購入完了ページのURL
電話タップ(ボタンをクリックした回数) コンバージョンタグ・対象ページの情報

ECサイトであれば購入完了数を計測し、
サービスサイトであれば問い合わせ完了数や、電話回数(電話ボタンのタップ数)を計測します。

コンバージョンレート(CVR)とコンバージョン単価(CPA)

コンバージョンは1つ成果として重要な指標です。
ただコンバージョンが多いから必ずしも良いということにはなりません。

CPA|コンバージョン1件の費用対効果を表す指標

こちらは広告代理店別の配信結果の例です。パッと見た感じどちらの効果が良さそうですか?

広告代理店 CV(成約数) 広告費用
A社 100件 1,000,000円
B社 50件 200,000円

コンバージョン数を見るとA社の方が良さそうですが、広告費用を見てみるとA社の方が多く使っています。
このままではどちらの効果が良いのかわかりません。

こういった際の比較に使えるのがCPA(Cost Per Action)シーピーエーです。
成約単価とも呼ばれ、1CVを獲得するの為にかかった広告費用のことを指します。

広告代理店 CPA(成約単価) 計算式(広告費用÷CV) CV(成約数) 広告費用
A社 10,000円 100万円÷100件 100件 1,000,000円
B社 4,000円 20万円÷50件 50件 200,000円

CPAで比較するとB社の方がCPAは安くなり、獲得効率はB社の方が良いことがわかります。

CVR|コンバージョンへの誘導率を示す指標

CPAでは広告の効果を費用として算出しましたが、
費用を加味せずに、広告のを計測する場合はCVR(Conversion Rate)シーブイアール、成約率とも呼ばれる指標を算出します。

例えば下記のようにバナーの効果を計測した表があるとします。

バナーの種類 CV(成約数) クリック数
1.安さ訴求バナー 100件 3,000件
2.実績訴求バナー 50件 1,000件

CV数だけを見ると1の安さ訴求のバナーの方が良さそうですが、クリック数も多く集まっています。
こういった場合はCVRを出し、効果を比較することが適しています。

バナーの種類 CVR(成約率) 計算式(CV÷クリック数) CV(成約数) クリック数
1.安さ訴求バナー 3.33% 100件÷3,000件 100件 3,000件
2.実績訴求バナー 5.00% 50件÷1,000件 50件 1,000件

CVRでは、2の実績訴求バナーの方が1.67%も高くなります。

このように成約率を比較する場合はCVRを。
成約単価を比較する場合はCPAを算出し、CV数だけに頼らず正しい判断をすることが大切です。

関連記事一覧