リスティング広告|国内で最も利用される運用型広告

デジタルマーケ用語

リスティング広告とは

リスティング広告はGoogleやYahoo!に掲載される広告を指します。

リスティング広告掲載イメージ

検索結果に表示される広告のことを検索連動型広告と呼び、
サイトやアプリ内の広告枠に表示する広告をディスプレイ広告と呼びます。

また日本では2002年にGoogle広告(旧Google Adwords)が始まったのが最初だと言われています。

リスティング広告ができること

検索連動型広告ディスプレイ広告それぞれの特徴を簡単にまとめています。
リスティング広告ではしよう目的に応じて広告の種類やターゲティング方法を使いわけ、自社の顧客になるであろうターゲットに対して広告を配信することができます。

広告の種類 検索連動型広告 ディスプレイ広告
使用目的 比較・検討層の獲得 認知から獲得、ファン化と幅広い
広告媒体 Yahoo!・Googleの検索結果 Yahoo!(Yahooの提携サイト)・Googleの提携サイト(YouTubeなど)の広告枠
課金形態 クリック保証型 クリック保証型(一部表示回数保証型)
掲載される広告イメージ テキストのみ(ショッピング広告は省く) テキスト・バナー・動画
ターゲティング方法 キーワード・行動(サイト訪問履歴) 興味関心・過去に調べたキーワード・サイトのキーワード情報やジャンル・行動(サイト訪問履歴・他社サイトの閲覧など)
停止・開始のタイミング 即反映 即反映

またリスティング広告の特徴として広告を出す地域や時間、タイミングを設定することが可能です。
その為、何かしらの原因で広告を止めることや、期間限定のキャンペーンなどでスムーズに施策を打つことができます。

リスティング広告は様々な指標を計測できる

TVCMやチラシと違い、リスティング広告やSNS広告が優れている点は他にもあります。
それが数値の計測です。

リスティング広告で計測できる指標
図のようにリスティング広告では広告が表示された回数から、クリックされた回数、費用、コンバージョン数(任意で設定したWEB上の行動回数)を計測することができます。

それらを計算し、クリック率やクリック単価、コンバージョン率、コンバージョン単価などの平均値を出すことで、数字の多さに頼らない正しい検証が可能になります。

リスティングとは何か?

list=一覧表の意味であり、listingは様々なリストからデータを抽出したり、分類するという意味を持ちます。

例えば、検索連動型広告を運用した際、配信結果のレポートでは数千のキーワードの掲載結果や、何十種類もの広告の掲載結果が出てきます。
それらを単純に比較するとデータがバラバラで正しい検証が行えません。

一覧表を整理するイメージ

データを整理・分類し正しく検証を行うことが、リスティング広告では重要になります。

リスティング広告にかかる費用や条件

リスティング広告は基本的には広告をクリックされたタイミングで料金が発生します。
※一部のメニューでは表示回数や動画視聴により料金が発生する広告もあります

Google広告 Yahoo!広告
クリック単価(入札価格) 1円〜
予算 / 月間 目標獲得単価×目標獲得で算出(最低でも1万円以上で始める会社がほとんど)

クリックの単価はオークションで決まります。このクリック単価を指定する入札は1円単位から設定できます。
KWや年齢性別、興味関心などのターゲティングを行い広告を配信しますが、競合性が高まると1回のクリックに対する費用が高騰する仕組みになっています。

予算に関しても任意で設定できますが、効果を図っていくのであれば、最低でも10,000円以上は見ておいた方が良いでしょう。

条件 登録情報(名前・アドレス・会社情報など)+カードの登録
利用権限 他社(広告代理店など)に閲覧や編集、管理権限を付与することができる

開始までの条件としては登録者の情報やカードがあれば開始は可能です。
また自社で作ったアカウントをインターネット広告の代理店に依頼する際は権限付与を行うことができます。

最後に

MINAOSU合同会社では基本的にお客様の広告アカウントに権限を付与していただく形で運用を行なっております。
何かあった時にお客様の方でアカウントの確認ができたり、両社ともにお支払いのフローが簡易で分かりやすい為です。

現状のアカウント状況にお困りの際はお気軽にご相談ください。

関連記事一覧