検索連動型広告|KWターゲティングで高い効果が見込める広告手法

デジタルマーケ用語

検索連動型広告とは

検索連動型広告は検索結果に表示される広告のことで、リスティング広告の代表的な施策です。
ターゲットが検索する検索語句に対して、キーワードをターゲティングすることで広告を表示することができます。

検索連動型広告の流れ

Google広告、Yahoo!広告を通して広告を配信する事が可能でき、比較的にターゲティングをしやすい広告媒体として、獲得重視の広告施策として利用されています。

検索連動型広告が得意なこと

検索結果画面の上部、下部に広告を表示することができるため、まさに今情報を調べている人に対して広告を見せることが可能です。

広い層に配信できるディスプレイ広告と比べて、検索連動型広告は比較・検討層といった角度の高い人に向けて広告を見せることが得意です。

ターゲットの状態と検索連動型広告

まだ一般的に知られていない商品名などのキーワードに対しては、効果は出せたとしても一定数のクリックを集めることはできません。
目的に応じて適切なキーワードを選ぶこと、設定を行うことが施策を成功させる条件の1つです。

検索連動型広告とSEO

検索連動型広告はSEOとよく混同される広告ですが、大きく違う点は広告費用がかかることと、表示するタイミングをコントロールできる点になります。

検索連動型広告 SEO
費用 クリックに応じて広告費用が発生 費用はかからない
順位 広告ランクが高いものが上位になる コンテンツ量や権威性・サイトの構成・表示速度などが優れているページが上位になる
表示のタイミング 時間・キーワード・地域などで設定可能 設定不可

 

検索連動型広告はマッチタイプを選ぶことができる

検索連動型広告は、ターゲットが検索するキーワードを指定し、ターゲティングすることで表示することが可能になります。
キーワードを指定する方法も複数あり、完全に語句を指定する方法から、その語句に似ている語句を指定する方法まで様々です。

マッチタイプの種類 設定するキーワード 検索語句の例 広告の表示回数
完全一致 [リスティング 広告] リスティング 広告
絞り込み部分一致 +リスティング 広告 リスティング 出し方
フレーズ一致 “リスティング 広告” リスティング 広告 代理店
効果 リスティング 広告
部分一致 リスティング 広告  広告代理店

キーワードが検索語句と、一致しないと広告が出ないように設定するのが完全一致です。一部指定する場合は絞り込み部分一致を設定します。
フレーズ一致は検索語句の前後に違う語句があったとしても広告を出すことができ、部分一致はキーワードと似た語句でも広告を表示することが可能です。

日々新しいキーワードは生まれており、人の頭だけでは新しいキーワードに対応できません。
そのためマッチタイプを広げ、検証しながら可能性を高めていくことをオススメします。

関連記事一覧