Facebook広告、Instagram広告を始めよう!個人アカウントを使ったFacebook広告のやり方

How To

  • HOME
  • ブログ
  • How To
  • Facebook広告、Instagram広告を始めよう!個人アカウントを使ったFacebook広告のやり方

Facebook広告(Instagram広告)は個人アカウントとFacebookページが必要

facebook広告の始め方

FacebookやInstagramに広告を配信するには、Facebook広告を使う必要があります。
広告を始めるために必要になるのがFacebookアカウントFacebookページです。

※ビジネスマネージャーを作成して開始する方法もありますが、ここでは個人アカウントを使った登録方法をお伝えします

Facebookの個人アカウントとFacebookページが必要

Facebook個人アカウントはあくまでも広告アカウントを作るために必要になります。
広告を表示した際に、個人アカウント名を他の人に知られるといった心配はありません。

Facebook個人アカウントFacebookページ
登録に必要なものメールアドレス or スマホの電話番号Facebook個人アカウント
広告に表示される表示されない広告にロゴとページ名が表示される

Facebookページは主体者表記として広告の上部に表示されます。

facebook広告の主体者表記について

またロゴの部分をクリックするとFacebookページに遷移することが可能です。
もし準備ができていない場合は下記のリンクから登録を進めてください。

別記事:3分で完了!Facebook個人アカウントの登録方法
別記事:意外と簡単!facebookページの作成方法を説明します

Facebook広告(Instagram広告)のやり方

Facebook広告(Instagram広告)のやり方

ここからはFacebook広告アカウントの登録や初期設定についてご説明します。

Facebook広告マネージャーへ登録する

まず初めに個人アカウントのホーム画面を開きます。
ホーム画面の左にある「広告マネージャー」をクリックし登録へ進みます。

facebook広告マネージャーのボタン

そうするとFacebook広告の画面に遷移します。

facebook広告のポリシー

ポリシーなどの同意が必要となるので、ポリシーを確認し「同意します」をクリックしてください。
これでFacebook広告のアカウントは作成できました。

Facebook広告のお支払い情報の設定方法

続いて料金設定を行います。左下の歯車マークをクリックしてください。

Facebook広告のお支払い情報の設定方法

Facebookの広告アカウント設定の画面に進むので、左側の「支払い設定」をクリックします。

facebook広告のお支払い設定

そうすると支払い設定に遷移するので「支払い方法を追加」をクリックし、案内に沿ってクレジットカード情報などを登録します。

お支払い設定

登録が終われば、左上の「ビジネスツール」→「広告マネージャー」をクリックし、広告アカウント画面に戻ります。

facebook広告マネージャーへ

広告アカウントのホーム画面はよく使うことになると思うのでブックマークしておいてください。

Facebook広告の配信内容を設定する

ここからはFacebook広告の設定方法について紹介しています。
細かな設定や運用は代理店に依頼する場合は下記の権限付与の方法を参考に、担当者の方に権限を渡してください。

別記事:Facebook広告アカウント、Facebookページの権限付与方法を紹介

Facebook広告で設定する箇所はキャンペーン、広告セット、広告と3つあり、それぞれ役割があります。

それぞれの役割設定内容
キャンペーン広告の目的、予算を設定する目的、予算など
広告セットいつ、誰に配信をするか配信期間、ターゲティング
広告何を伝え、どこに誘導するのかを決める広告文、画像or動画、リンク先

広告マネージャーの画面の「広告を作成」をクリックします。

広告を作成ボタン

キャンペーンの目的を選択する項目が出るので目的を選びます。コンバージョンの計測設定が問題なければコンバージョンを選択。とりあえずサイトへの誘導を優先するのであればトラフィックを選択してください。

広告の目的を洗濯する

続いてキャンペーンを登録します。キャンペーン名を登録(変更可能)します。
下の方にある「キャンペーン予算の最適化」は1日、もしくは定めた期間の通算予算を設定できるので目的に応じて設定し、最後に右下の「次へ」をクリックします。

キャンペーンを登録

続いて広告セットの登録画面に移りますので、広告セット名を登録します。広告の配信期間が明確であれば終了日を設定してください。

続いて、Facebook広告の肝とも言えるターゲティングの設定になります。
ここでは年齢や、地域、性別、興味関心、ライフイベントなど、Facebookに登録しているプロフィール情報などを元にしたデータを持っている人達をターゲティングできます。

その他、カスタムリストがあればリターゲティング広告などの独自配信も可能になります。

広告セットの登録

ターゲティング以外にFacebookやInstagram、その他オーディエンスネットワーク(Facebookが提携しているサイト、アプリへ広告配信ができるネットワーク)への配信を設定できるプラットフォームの選択が可能です。

※デフォルトのままの方が効果が伸びることが多いため、基本は触らないことをオススメします

facebook広告のプラットフォーム

設定が終われば右下の「次へ」をクリックし、広告の編集画面に移動します。

Facebookページを連携

広告名を登録したら、Facebookページを選択します。ここで選択したページが広告に表示されます。
形式についてはデフォルトの「1件の画像または動画」で問題ありません。

バナー、広告文などの登録

続いて広告の内容を登録します。メディア「画像や動画」を案内に沿って登録し、メインテキスト、見出し、ウェブサイトのURLを登録します。

画面右の「プレビュー」をオンにするとどんな風に配信されるのかを確認することができます。

最後に「公開」を押して登録作業は完了します。

最後に

Facebook広告はターゲティングやクリエイティブなど、目的に応じて様々な設定を行うことができます。
そのため、効果を伸ばすためには様々な検証を行う必要があります。

MINAOSU合同会社ではクリエイティブのPDCAを回して効果を高めるような運用も得意としております。
もしご興味がありましたらお気軽にお問合せください

オンライン会議でのご質問も対応!
 

広告運用を中心とした集客施策のお見積もり提案依頼。
スポットコンサルテも対応。Zoomなどのオンラインミーティングで画面共有をしながらご相談も可能です。

無料相談はこちら

関連記事一覧